「電車で一問一答トレーニング」No.42解説

【問42】正誤問題
Aは、Bから3,000万円を借り受ける際にその担保として、A所有の土地に抵当権を設定し、その登記をした。BのAに対する貸金債権から生じた利息債権については、Bは、抵当権の実行により、原則として満期となった最後の2年分についてのみ、優先的に弁済を受けることができる。

解答: 正
解説:抵当権者は、利息については、後順位抵当権者等を保護するために、原則として、満期となった最後の2年分についてのみ優先的に弁済を受けることができる。
※ただし後順位抵当権者がいない場合には、このような制限はないので、注意してほしい。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。