「電車で一問一答トレーニング」No.21解説

【問 21】正誤問題
小問(1)AB間で、A所有の建物を売買する契約が締結されたが、契約締結後、建物の引渡し前に、その建物が第三者Cの放火によって焼失した場合、BはAに対し代金の支払いを拒むことができる。

小問(2)AB間で、A所有の建物を売買する契約が締結されたが、契約締結後、建物の引渡し前に、その建物がBの失火によって焼失した場合、BはAに対し代金の支払いを拒むことができる。

解答:

小問(1)正

この問題は、目的物が、第三者の放火すなわち債務者の責めに帰すべき事由によらずに焼失しているので、「危険負担」の問題となります。この場合、債権者は代金の支払いを拒むことができます。よって、正しい。

小問(2)誤

この場合は、Bの失火つまり債権者に帰責事由があるため、代金の支払いを拒むことができません。よって、誤り。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。