2022「電車で一問一答トレーニング」No.08解説

【問8】正誤問題

成年被後見人Aが、成年後見人Cの事前の同意を得て、自己の不動産をBに売却した。
この場合、Cは自ら同意した以上、取消すことができない。

【解答】誤

成年後見人は「同意権」を有しない

これは絶対に覚えておいて下さい。

同意権が無い以上、同意したとしても、成年被後見人Aの取消権も、法定代理人Cの取消権も制限されません。

よって、Cは取消すことができる。

解説動画では、本問で問われているテーマと周辺知識の解説をしていますので、是非ご覧ください。

解説動画はこちらから

SNSでもご購読できます。