「電車で一問一答トレーニング」No.127解説

【問 127】正誤問題

〔小問1〕
建築主は、建築確認を受けた建築物に関する工事が特定工程を含む場合において、当該特定工程に係る工事を終えたときは、建築主事又は指定確認検査機関の中間検査を申請しなければならない。

〔小問2〕
木造3階建ての住宅を新築する場合、新築工事の施工者は、工事現場の見易い場所に、建築主、設計者、工事施工者及び工事の現場管理者の氏名又は名称並びに当該工事に係る建築確認があった旨の表示をしなければならない。

〔小問1〕解答:正
解説
建築主は、建築確認を受けた建築物に関する工事が特定工程を含む場合において、当該特定工程に係る工事を終えたときは、原則として、建築主事または指定確認検査機関の中間検査を申請しなければならない。

〔小問2〕解答:正
解説
木造3階建ての住宅を新築する場合、建築確認が必要である。そして当該工事の施工者は、工事現場の見易い場所に、建築主、設計者、工事施工者および工事の現場管理者の氏名または名称ならびに当該工事に係る建築確認があった旨の表示をしなければならない。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。