2022「電車で一問一答トレーニング」No.125解説

【問 125】正誤問題

〔小問1〕
鉄骨平屋建で、延べ面積が200㎡の事務所の大規模修繕をしようとする場合には、建築確認を受ける必要がない。

〔小問2〕
木造3階建て(延べ面積300㎡)の住宅の新築工事が完了した場合、建築主は、指定確認検査機関による完了検査の引受けがあった場合を除き、建築主事の検査を申請しなければならない。

〔小問1〕解答:正
解説
木造以外の建築物の大規模修繕で建築確認が必要となるのは、階数が2以上又は述べ面積が200㎡を超える場合である。なお、事務所は特殊建築物にあたらない

〔小問2〕解答:正
解説
建築確認を必要とする新築工事が完了した場合、建築主は建築主事または指定確認検査機関に完了検査を申請しなければならない。

解説動画では、本問で問われているテーマと周辺知識の解説をしていますので、是非ご覧ください。

解説動画はこちらから

SNSでもご購読できます。