「電車で一問一答トレーニング」No.117解説

【問 117】正誤問題

〔小問1〕
商業地域内で、かつ、防火地域内にある耐火建築物等については、容積率に係る制限は適用されない。

〔小問2〕
街区の角にある敷地又はこれに準ずる敷地内にある建築物の建蔽率については、特定行政庁の指定がある場合にのみ、都市計画において定められた建蔽率の数値に10分の1を加えた数値が限度となる。

〔小問1〕解答:誤
解説
商業地域内で、かつ、防火地域内にある耐火建築物については、「建ぺい率」に係る制限は適用されない。しかし、容積率に係る制限にはこのような例外はない。

〔小問2〕解答:正
解説
10分の1の角地加算が適用されるには、特定行政庁の指定が必要である。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す