「電車で一問一答トレーニング」No.56解説

【問56】正誤問題

AがBに甲土地を平置きの駐車場用地として賃貸する場合、Bが賃借権の登記をしない間に、Aが甲土地をCに売却すれば、BはCに賃借権を対抗することができない。
これに対し、AがBに甲土地を居住用賃貸マンションを所有する目的で賃貸する場合には、Bが賃借権の登記をしない間に、Aが甲土地をCに売却しても、BはCに賃借権を対抗できる場合がある。

【解答】 正

解説:

問題前半は、民法のみが適用されるので、Bは賃借権の登記を有しなければ、新たに所有者となったCに賃借権を対抗できない。
これに対し、問題後半は借地借家法が適用されるので、BがB所有の登記を行った建物を有していれば、Cに賃借権を対抗することができる。よって、前半も後半も正しい。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。