「電車で一問一答トレーニング」No.46解説

【問46】正誤問題

Aは、Bを売主、Cを買主とするマンションの売買契約によって生じたCの売買代金債務1,000万円について保証人となった。CがBに対して1,000万円の貸金債権を有しているときは、Aは、Bからの履行の請求を拒むことができる。

【解答】 正

解説:

保証債務の付従性から、主たる債務者が債権者に反対債権を有している場合は、保証人は、債権者に対し、主たる債務者が相殺で債務を免れるべき限度において、履行を拒むことができる。よって、正しい。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。