「電車で一問一答トレーニング」No.30解説

【問30】正誤問題
Aは、自己所有の甲建物をBに売却し所有権移転登記を行った。AB間の売買契約がBの詐欺によるものであったためAが契約を取り消した後、Aから甲建物の所有権を譲り受けたCは、登記なくして、Bに甲建物の所有権を対抗することができる。

解答:正

登記がなければ所有権を対抗できない「第三者」には、無権利者は含まれない。

本問のAB間の売買契約は詐欺による取消しにより遡って無効になるから、Bは、無権利者である。したがって、Cは、登記がなくても、Bに対して甲建物の所有権を主張することができる。

※いわゆる「詐欺取消後の第三者」として対抗関係になるケースと紛らわしいので、注意して下さい。


前回の問題と、ほぼ同じ構成の問題です。前回の問題を真剣に勉強した方なら容易に解答できるでしょう。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。