「電車で一問一答トレーニング」No.17解説

【問17】正誤問題
Bは、Aからその所有する家屋を購入し、Cに売り渡したが、所有権の登記は未だBの名義である場合において、その後AがBの代金不払いを理由にAB間の売買契約を解除したときには、Aは、Cに対し家屋の引渡しを請求することができる。

解答:正

契約の解除によって(解除の)第三者の権利を害することはできない。
ただし、目的物が不動産の場合には、第三者は登記を備えなければ保護されない。
したがって、Aは登記をしていないCに対して、家屋の引渡しを請求することができる。

よって、本問は正しい。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。

コメントを残す