「電車で一問一答トレーニング」No.14解説

【問14】正誤問題
無権代理行為の相手方は、本人に対して相当の期間を定めて、追認するか否かを確答すべき旨を催告することができ、その期間内に本人が確答しない場合には、本人は追認したものとみなされる。

解答:誤

解説:
無権代理行為の相手方は、本人に対して相当の期間内に無権代理行為を追認するか否かを確答すべき旨を催告することができ、期間内に本人の確答がない場合には、追認を拒絶したものとみなされる。
よって本問は誤り。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。