「電車で一問一答トレーニング」No.12 解説

【問12】正誤問題
Aから代理権を与えられたBがCにだまされてA所有地の売買契約をCとの間で締結した場合、Bは当該契約を取消すことができる。

【解答】誤

解説:
代理行為の際の意思表示の瑕疵は「代理人を基準」に判断するので、代理人がだまされた場合にも取消すことができる。

この場合、取消しできるのは「本人」である。代理の効果は「本人」に帰属するからです。

そのため、Bは取り消すことができません。よって、誤り。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。