「電車で一問一答トレーニング」No.5 解説

【問5】正誤問題

A所有地をBへ売却する契約が締結された。
Bは当該土地が将来、地価が高騰すると思い込んで契約したところ、実際には高騰しなかった。
Bが購入の動機を黙示的に相手方に表示しただけの場合には、Bは当該意思表示の取消しを主張することができない。

【解答】誤

意思表示の動機に錯誤があった場合、原則として取り消すことはできない。
しかし動機の錯誤であっても、その動機が表示された場合には取り消すことができる。
なお、動機の表示は黙示的な表示でもよい。

よって、誤り。

解説動画では本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧ください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓ 

SNSでもご購読できます。