「電車で一問一答トレーニング」No.81解説

【問81】正誤問題

[小問1]
甲県知事の登録を受けた宅地建物取引士Aが成年者と同一の行為能力を有しない未成年者となったときは、Aの法定代理人が、その日から30日以内に、甲県知事に届け出なければならない。

[小問2]
甲県知事登録を受けた宅地建物取引士であるAが死亡したときは、Aの相続人が、Aの死亡の日から30日以内に甲県知事に届け出なければならない。

[小問3]
宅地建物取引士が宅建業法に違反し罰金刑に処せられたときは、本人が、その日から30日以内に、その登録を受けた都道府県知事に届け出なければならない。

[小問1]
解答: 誤
解説:
登録を受けている者が成年者と同一の行為能力を有しない未成年者となったときは、「本人」が、その日から30日以内に、登録を受けた都道府県知事に届け出なければならない。よって、法定代理人が届け出るわけではない。

[小問2]
解答: 誤
解説:
宅地建物取引士登録を受けている者が死亡したときは、その相続人が、死亡の事実を知った日から30日以内に、登録を受けた都道府県知事に届け出なければならない。
死亡の日から30日以内ではない。

[小問3]
解答: 正
解説:
宅地建物取引士が宅地建物取引業法に違反し罰金刑に処せられたときは、本人は、その日から30日以内に、その登録を受けた都道府県知事に届け出なければならない。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。