2021年 9月 の投稿一覧

「電車で一問一答トレーニング」No.132解説

【問 132】正誤問題

〔小問1〕
農家が市街化区域内の農地を耕作目的で取得する場合、農業委員会の許可を受ける必要がある。

〔小問2〕
農家がその所有する市街化区域内の農地にその居住用の住宅を建設する場合は、農業委員会の許可を受ける必要がある。

〔小問1〕
解答:正
解説
農地を耕作目的で取得する場合、原則として農業委員会の許可を受けなければならない。農地法3条が適用される場合、市街化区域内の特則はない。

〔小問2〕
解答:誤
解説
市街化区域内の農地を農地以外のものに転用する場合、あらかじめ農業委員会への届出をすれば、農地法4条の許可を受ける必要はない。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

「電車で一問一答トレーニング」No.131解説

【問 131】正誤問題

〔小問1〕
Aが自己の所有する市街化調整区域内で4ヘクタールの果樹園にアパートを建築するため、宅地に転用しようとする場合、原則として農業委員会の許可が必要となる。

〔小問2〕
B株式会社がスーパーマーケットを建築するため、市街化調整区域内で2ヘクタールの水田を無償で借り受ける場合、原則として都道府県知事の許可が必要となる。

〔小問1〕
解答:誤
解説
果樹園は農地法における農地に該当する。
そして、市街化調整区域内で、農地を農地以外のものに転用する場合は、都道府県知事等の許可が必要となる。農業委員会の許可ではない。

〔小問2〕
解答:正
解説
水田は農地法における農地に該当する。
農地または採草放牧地について使用貸借による権利を設定することも権利移動にあたる。
そして、市街化調整区域内で、農地を農地以外のものに転用する目的で権利移動をする場合には都道府県知事等の許可が必要となる。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓