2021年 8月 の投稿一覧

「電車で一問一答トレーニング」No.112解説

【問 112】正誤問題

〔小問1〕
市街化調整区域内において庭球場の建設の用に供する目的で行う9,000㎡の土地の区画形質の変更については、開発許可が必要である。

〔小問2〕
市街化調整区域内において農林漁業者の居住の用に供する建築物の建築の目的で行う土地の区画形質の変更については、開発許可が常に不要である。

〔小問3〕
都市計画区域及び準都市計画区域以外の区域内において建築物の建築の用に供する目的で行う1ヘクタールの土地の区画形質の変更については、開発許可が不要である。

〔小問4〕
土地区画整理事業の施行として行う土地の区画形質の変更であっても、市街化調整区域内において行う場合には、開発許可必要となる。

〔小問1〕解答:誤
解説
開発行為とは、主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいう。1ヘクタール未満庭球場は、第二種特定工作物にあたらず、それを建設する目的で行う土地の区画形質の変更は、そもそも開発行為に該当しない。したがって、開発許可は不要である。

〔小問2〕解答:正
解説
市街化調整区域内で、農業を営む者の居住の用に供する建築物を建築するための開発行為については、開発許可は不要である。

〔小問3〕解答:誤
解説
都市計画区域および準都市計画区域外の区域内において、1ヘクタール以上の開発行為をしようとする者は、原則として、あらかじめ、開発許可を受けなければならない。

〔小問4〕解答:誤
解説
土地区画整理事業の施行として行う開発行為については、開発許可は不要である。

「電車で一問一答トレーニング」No.111解説

【問 111】正誤問題

〔小問1〕
地区計画は、建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置等からみて、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を整備し、開発し、及び保全するための計画である。

〔小問2〕
地区計画の区域のうち地区整備計画が定められている区域内において、建築物の建築等を行った者は、一定の行為を除き、当該行為の完了した日から30日以内に、行為の種類、場所等を市町村長に届け出なければならない。

〔小問1〕解答:正
解説
地区計画は、建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置等からみて、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を整備し、開発し、および保全するための計画である。よって正しい。

〔小問2〕解答:誤
解説
一定の行為を除き、行為に着手する日の30日前までに、行為の種類、場所等を市町村長届け出なければならない。行為後ではない。

「電車で一問一答トレーニング」No.110解説

【問 110】正誤問題

〔小問1〕
都市施設は、市街化区域内においてのみ定めるものとされており、第一種住居地域、第二種住居地域及び準住居地域については、都市施設のうち義務教育施設を定めなければならない。

〔小問2〕
都市施設は、適切な規模で必要な位置に配置することにより、円滑な都市活動を確保し、良好な都市環境を保持するよう定めることとされており、田園住居地域については、道路、公園、下水道及び義務教育施設を都市計画に定めなければならない。

〔小問1〕解答:誤
解説
都市施設は都市計画区域内及び、特に必要があるときは、都市計画区域においても定めることができる。よって、市街化調整区域内においても定めることができる。よって誤り。
なお、住居系の用途地域には多くの人が居住しているため、これらの地域には必ず、都市施設のひとつである義務教育施設を定めることにしている。この点は正しい。

〔小問2〕解答:正
解説
市街化区域及び区域区分が定められていない都市計画区域については、少なくとも道路公園下水道を定めるものとし、住居系の用途地域については、義務教育施設を定める。