2021年 3月 の投稿一覧

「電車で一問一答トレーニング」No.15解説

【問15】正誤問題
未成年者Bは、Aの代理人として、Aの所有地をCに売却した。AがBに代理権を与えていなかった場合、Cがそのことについて善意無過失であり、かつ、Aの追認がなければ、CはBに対して契約の履行又は損害賠償の請求をすることができる。

解答:誤

無権代理において、本人の追認がない場合、善意無過失の相手方は、無権代理人に対して、契約の履行または損害賠償を請求することができる。
しかし、無権代理人が制限行為能力者である場合には、これらの請求をすることはできない。
したがって、本問の場合、Bは未成年者であるから、CはBに対して、契約の履行または損害賠償請求をすることはできない。

よって、誤り。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓

「電車で一問一答トレーニング」No.14解説

【問14】正誤問題
無権代理行為の相手方は、本人に対して相当の期間を定めて、追認するか否かを確答すべき旨を催告することができ、その期間内に本人が確答しない場合には、本人は追認したものとみなされる。

解答:誤

解説:
無権代理行為の相手方は、本人に対して相当の期間内に無権代理行為を追認するか否かを確答すべき旨を催告することができ、期間内に本人の確答がない場合には、追認を拒絶したものとみなされる。
よって本問は誤り。

解説動画では、本問で問われている項目の周辺知識の解説をしていますので、お時間のあるときに是非ご覧になってください。

解説動画はこちらから ↓ ↓ ↓