平成24年度宅建試験の分析

1.概要
 出題内訳は例年どおり、権利関係14問、法令上の制限・税・価格11問、宅建業法20問、免除科目5問でした。
難易度は例年と変わらないか、易しくなっていると考えますが、それなのに合格点は逆に下がっています。
これは宅建業法の出題形式の変化によるものと思われます。
宅建業法で個数問題が5問出題されたことが大きな影響を及ぼしていると推定されます。

2.試験申込者数 236,350人(前年度 231,596人 対前年度比 4,754人、 2.1%増)

  • 男 173,703人(前年度 171,696人 対前年度比 2,007人、 1.2%増)
  • 女 62,647人(前年度 59,900人 対前年度比 2,747人、 4.6%増)
    うち、登録講習修了者 40,144人 〔男 29,241人、女 10,903人〕

3.受験者数 191,169人(前年度 188,572人 対前年度比 2,597人、 1.4%増)

  • 男 139,770人(前年度 139,148人 対前年度比 622人、 0.4%増)
  • 女 51,399人(前年度 49,424人 対前年度比 1,975人、 4.0%増)
    うち、登録講習修了者 35,776人 〔男 26,003人、女 9,773人〕

4.受験率 80.9%

  • 男80.5%、女82.0% (前年度 81.4% 男81.0%、女82.5%)
    うち、登録講習修了者 89.1% 〔男88.9%、女89.6%〕

5.合否判定基準 50問中33問以上正解した者
(登録講習修了者は45問中28問以上正解した者)

6.合格者の概要

  • 合格者数 32,000人(前年度 30,391人 対前年度比 1,609人、 5.3%増)
    男 23,018人(前年度 21,787人 対前年度比 1,231人、 5.7%増)
    女 8,982人(前年度 8,604人 対前年度比 378人、 4.4%増)
    うち、登録講習修了者 8,100人 〔男 5,673人、女 2,427人〕
  • 合格率 16.7% 男16.5%、女17.5% (前年度 16.1% 男15.7%、女17.4%)
    うち、登録講習修了者 22.6% 〔男21.8%、女24.8%〕
  • 平均年齢 35.5歳 男36.0歳、女34.3歳(前年度 35.4歳 男36.0歳、女34.1歳)
  • その他
    ① 最高齢合格者 83歳・男 (東京)
    ② 80歳以上の者 1人 (男1人、女0人)
    ③ 最年少合格者 16歳・男 (奈良)
    ④ 18歳未満の者 7人 (男6人、女1人)
    ⑤ 職業別構成比 不動産業30.3%、金融関係 9.7%、建設関係10.7%、他業種23.6%、学生 9.9%、主婦 4.4%、その他11.5%

過去8年間の推移

申込者数受験者数合格者数合格率合格点
2005年(H17年)226,665人181,880人31,520人17.3%33点
2006年(H18年)240,278人193,573人33,191人17.1%34点
2007年(H19年)260,633人209,684人36,203人17.3%35点
2008年(H20年)260,591人209,415人33,946人16.2%33点
2009年(H21年)241,944人195,515人34,918人17.9%33点
2010年(H22年)228,214人186,542人28,311人15.2%36点
2011年(H23年)231,596人188,572人30,391人16.1%36点
2012年(H24年)236,350人191,175人32,000人16.7%33点