宅建林道場メール講座「NO.145」

メール講座「電車で一問一答」NO.145◆監督処分・罰則


〔小問1〕
解答:誤
解説
名義貸しは、指示処分または事務の禁止処分の対象になる。そして情状が特に重いときには、登録を消除される。「情状のいかんを問わず」消除されるわけではない。
よって誤り。


〔小問2〕
解答:正
解説
執行猶予がついていても禁鋼以上の刑に処せられたことに変わりはない。したがって、登録を消除される。
よって正しい。